大人の女性の体型を美しく見せてくれる素材とは?

あなたは何を基準に服選びをしていますか?

 

最近では、『似合う』がフォーカスされているので、デザインや色でしょうか。

もちろんそれも大切なこと。

 

ただ、年齢を重ねるごとに気を付けて頂きたいのは、素材選びです。

 

チープな素材感は、若い頃のパーンとしたハリ・ツヤのある肌や体と勢いで着こなすことが出来ます。

でも、大人の女性の重力に負け始めた肌や体型では、そのチープ感を補うことは出来ないのです。

まぁそれは、ファッションが疎い方でも想像はつくでしょう。

 

今日お伝えしたいのは、高いとか安いとかといった素材感ではなく、体を美しく見せてくれるかどうかのお話です。

 

どのような素材が大人の女性の体型を美しく見せてくれるのか?

 

大人の女性の体型といっても、もちろん様々です。

 

ただ、若い頃と違うのは、ズバリ『たるみ』ではないでしょうか。

痩せている方でも努力しないと、たるみには勝てません。

背中とか脇とか腰の上の辺りとかお尻とか・・・

 

そういったたるみを拾ってしまう(カバー出来ない)生地は怖いですよね。

 

一般的には、糸が細い服は体のラインを拾いやすいです。

例えば、生地が厚めで余り伸縮性のないTシャツよりも、テロっとした光沢感のある素材のTシャツの方が、体のラインは拾いやすいです。

素材的にキレイに見えたり着心地が良いのは後者なのですけども。

 

ニットも、糸が太いものより細いものの方が、体型が出やすいですよね。

 

そしてもうひとつ。

ストレッチが効き過ぎていると体のラインが出やすいということをご存知ですか?

 

今は様々なアイテムにストレッチが入っています。

品質表示では、『ポリウレタン』と記載されています。

 

ストレッチが効いていると、伸縮性があり体の動きを妨げないので、着心地が良く感じます。

ただ、ストレッチが効き過ぎていると、先程書きましたように、体のラインが出やすいのです。

 

例えばデニム。

 

 

 

スキニーなど細身のものだと、圧迫されて苦しいですよね。

ですので必ずといって良いくらい、ストレッチが効いています。

 

ですが気を付けないと本当に危険!

脚の形が露わになってしまいます。

 

ほとんどのデニムのポリウレタンの割合は2%くらいです。

ただ、ファストファッションなどでは4%入っているものもあります。

 

全体の2%と4%。

数値だけ見るとそれほど変わらないのでは?と思われるかもしれませんが。

実際店頭で比べて頂いたら、そのほんの2%でかなり伸びが違うことはご理解頂けるかと思います。

 

そして、ちょっと難しいところではありますが、同じようにポリウレタンが2%しか入っていなくても、とても伸びるものもあります。

その場合はやはり体のラインを拾ってしまうでしょう。

 

デニムだったらポリウレタン以外の98%は綿。

一括りに綿といっても様々なのです。

 

選ぶポイントとしては、ポリウレタンの配分が2%で、生地がしっかりしているものを選ぶと間違いないでしょう。

 

手で伸ばしただけでは伸びるのかな?と思うけど、実際穿いてみたら伸びる!というくらいのものの方が、下半身の太さや、脚のカタチが気になる方にはオススメです。

服選びをする際に、デザインや色以外にも、是非このようなポイントを意識してみて下さいね。

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。