以前似合っていた服が似合わない?

以前似合っていた服が似合わなくなった

少し前までは似合っていたのに、気付いたら何だか似合わなくなったような気がする・・・

40代以上の女性なら、そのように感じたことがあるのではないでしょうか?

残念ながら年齢を重ねるにつれ、私達女性には不具合が生じてきます。

パーンと張りのあったフェイスラインやボディラインは曖昧に。

顔には若い頃にはなかった影が出来、顔色も何だか冴えなくなる。

それらこそ、以前似合っていた服が似合わなくなったと感じさせる要因のひとつ。

どうしたら良いのか分からない、何が原因なのかが分からないからと、似合わなくなったという現実を見て見ぬ振りをしていませんか?

ビジネスにおいてファッションは外見のブランディングツール

あなたの魅力を引き立てない服を着ていては、ビジネス上のパフォーマンスも下がってしまいます。

大人のナチュラルほど難しいことはない

あなたは年齢を重ねる中で、ヘアメイクを更新していますか?

若い頃の『何もしない』ナチュラルメイクを引きずっていないでしょうか?

井川遥さんや篠原涼子さんのような、ナチュラルで女らしく、同性から見てもカッコ良い女性に憧れる人は多いと思います。

彼女達のようなナチュラル感を出したい。

そう思ってあまりメイクをしない人もいらっしゃるかと思いますが。

それが実は大きな勘違いなのです。

ナチュラルメイクほど難しいことはない

あのナチュラル感は、手を加えているからこそ成り立っています。

ベースとなる肌の質感はお手入れの賜物。

そして更にプロのヘアメイクさんの、『ナチュラルに見せる技術』がプラスされています。

何もしていない訳ではないのです。

ヘアメイク次第で着こなしの幅が広がる

クライアントのN様の例をご覧下さい。

N様はアラフィフで、パーソナルカラー診断のお仕事をされています。

今後のステージアップを目指し、継続コースを受講して下さっています。

今のお仕事をされる前までは、メイクはほとんどされていなかったそうで、パーソナルカラーのスクールでメイクを学んでから、少しするようになったとのこと。

眉毛と薄めのアイシャドウ、そしてチーク。

N様になりたいイメージは、颯爽と歩く姿が似合うカッコ良い女性。

写真の感じでは程遠いですね。

そこでなりたいイメージに合わせてヘアメイクをレクチャーしました。

更にワードローブカウンセリングでご提案したコーディネートをご覧下さい。

パーソナルカラー診断をされる時、ジャケットを着用されることをスクールから義務付けられているそうです。

真面目なN様はそれに忠実に、所謂『先生』のようなファッションをしていたようです。

ジャケットとデニムスタイル。

NGな職業は多いと思いますが、

・ファッションに関わる仕事

・お客様は一般の方

という観点から、きちんと感を残しつつスタイリッシュであるこんなコーディネートもアリではないでしょうか。

気に入って買ったけど何に合わせたら良いか分からなかったというプリントのパンツ。

こういった個性あるアイテムこそ、他者と差別化したい働く女性の味方!

強くお伝えしたいのが、ビフォーのままのヘアメイクでは、アフターの着こなしは出来ないということ。

大人の女性はヘアメイクをきちんとしていないと服に負けてしまいます

ヘアメイクで大人の女性のきちんと感を出したからこそ、アフターのコーディネートも素敵に着こなせるようになったのです。

パーソナルカラー診断を受けるなら、どちらの方から受けたいですか?

アフターの方が、スタイリッシュであるだけではなく、安心して受けられるような気がしませんか?

この変化を見て、まだあなたは『忙しい』『面倒』を理由にして、ヘアメイクやファッションの手抜きをし続けますか?

ビジネスにおいて外見を整えることは信頼へと繋がります

成功したいなら、ビジネススキルとともに外見を磨いていきましょう!

※お客様の情報は、ご本人の承諾の元掲載させて頂いております。

関連記事

  1. ファッションやメイクは相手に信頼や安心感を与えるもの

  2. 大人の女性のビジネスファッションはTPPOが大切